お菓子づくりのスペシャル

素材の味や香りを大切にした、シンプルで素朴なお菓子。
一口ほおばるだけで心が満たされ、しあわせな気持ちでいっぱいになる…そんなお菓子をつくっています。

じくりと吟味した素材を使う

お菓子の主役は、素材です。
だから、フラワーでは小麦粉や卵、バター、砂糖までも、味のイメージをふくらませながら、グランシェフが選びます。

どんなお菓子も、組合せはシンプルに。
素材の持つ風味や香りを活かすには、手をかけすぎないことが一番です。小麦粉などの農作物は生きものですから、天候によって味が変わるのは当たり前。それは、生きものたちの個性です。そんな個性とじっくり向き合い、それぞれの声に耳を傾けながら、いつもと同じお菓子の姿にととのえる…それが、私たちパティシエの役割です。

手間をおしまず、手作りする

たとえば、「原始パイ トルティヨン」。
パイは機械による大量生産ができるお菓子のひとつですが、フラワーでは、職人たちが一から手づくりしています。

毎朝毎晩、生地の状態を見極めながら仕込むため、大量生産はできません。けれど、独特の食感と風味は、そうした職人の技と努力から生まれるもの。一度にたくさんできなくても、時間や手間がかかっても、それがパイだと受けとめて、職人たちは今日もつくりつづけます。

フラワーの顔ともいえるオリジナルスイーツ「マダム・ヨーコ」をはじめ、元気な鶏たちの卵を使って丁寧に焼きあげた2種類の「喜味ロール」、発酵バターの風味が生きた「バターケーキカステラ」といった定番のお菓子も、若いパティシエが生み出す新しいお菓子も、つくり手たちの想いは同じ。

食べるだけで心が癒され、元気が湧き出てくるようなフラワーらしいおいしさを、これからも追求していきます。100年後も愛されるお菓子をめざして……